japanhart01

「NPO法人 ジャパンハートへの支援」

2015 年 7 月中旬から続いていた豪雨およびサイクロンの襲来により、8 月初旬より、ミャンマー各地の広い範囲で洪水による被害が発生しました。
この災害による死者は 100 人を超え、160 万人以上が被災したといわれています。

2004 年から、日本発祥の国際医療ボランティア団体として、「医療の届かないところに医療を届ける」を理念に、ミャンマー中部にあるワッチェ慈善病院で の医療活動からスタートしたNPO法人ジャパンハート。今回の洪水による甚大な被害に対し、ジャパンハートでは、ミャンマー北部・中部・南部の各地域に日本人医師および看護師を含む緊急支援チームを順次派遣し、医療および食料支援を行ってきました。

japanhart02 japanhart03

被害発生から 3 週間以上経過し、市民による支援活動が減ってきた時点でも、低地に位置する地域では水が引かず、避難生活を余儀なくされる地域が広く存在しました。これらの地域では、食料不足と感染症の散発的発生が問題となり、引き続き支援が必要とされていました。
ジャパンハートでは、こういった地域に医師及び看護師を含む支援チームを引き続き支援の届いていない被災地へ派遣し、診療活動とおもに米や水などの食糧支援、感染症を予防するための衛生指導を乾季に入り被災者が通常の生活に戻れるまでの期間、行っていく予定です。

今回戸沢財団からは、被災地に直接届ける「医薬品」・「食糧」および「生活物資」等、医療を中心とした災害支援活動に対する支援として、ジャパンハートに 150 万円の寄付を行いました。

この寄付に対し、特定非営利活動法人ジャパンハート 理事長 吉岡秀人様より感謝状をいただきました。

japanhart04

被災地の状況は時間とともに刻々と変化していきます。
現地で活動をされていらっしゃる方々に、直接状況を見てご判断いただき、戸沢財団からの支援が少しでも被災地の方々の力になれることを願っております。

被災者の方々は疲労による体調不良の他、大雨により農業など再開のめどがつかず、経済的にも大変苦しい状況におられるようです。

洪水の被害に合われた被災者の方に、心よりお見舞いを申し上げます。
そして、ミャンマー被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

<特定非営利活動法人 ジャパンハート>
http://www.japanheart.org/ server information . .