fm_totsuka

「エフエム戸塚 ラジオの絆」にて『未来の扉』の朗読

多くの作品を残した戸沢暢美ですが、最後のメッセージとなったのが『未来の扉』。
「生きる喜び」「未来への希望」があふれる、力強く、心に響く詩です。

今回この『未来の扉』を、エフエム戸塚のパーソナリティである相浦やよいさんが、彼女の優しく温かい、そしてゆったりとした声で朗読してくださいました。

未来の扉

相浦さんが毎週土曜日に担当している番組「ラジオの絆」。
平成 27 年 3 月 7 日の放送時、まずは戸沢暢美作詞のヒット曲、嵐の「感謝カンゲキ雨嵐」を放送し、その後に戸沢暢美の紹介と共に『未来の扉』の朗読。ひとつひとつの言葉をかみしめながら朗読してくださいました。 さらに戸沢財団事務局からのメールを読み上げた後、財団の活動についてリスナーの方々に紹介してくださいました。

『未来の扉』は戸沢暢美の死後、残されたノートの中から発見されました。
命の期限が切られた病床でつづったものですが、生きることへの希望、力強さがあふれたすばらしい詩です。

今回、エフエム戸塚さんからこのような機会をいただき、この力強いメッセージを、ラジオを通じてお届けすることが出来たこと、戸沢財団としてとても嬉しく思うとともに、心より感謝いたします。

これからも、様々な機会を通じてこの『未来の扉』が皆様の耳に、心に届くよう願っております。

『未来の扉』が放送された「ラジオの絆」は、毎週土曜日 15 時~18 時 3 時間の生放送。
この他、相浦さんは毎週火曜日に、「ハグ・ザ・ライフ ~生命を抱きしめよう~」という番組
<本放送 9 時~9 時 55 分/14 時~(再)/20 時~(再)>を担当されています。

<エフエム戸塚>
http://www.fm-totsuka.com/