月別アーカイブ: 2018年6月

『児童養護施設カルテット 思い描く姿へ』

20180619_01

社会福祉法人浦和福祉会が運営する「児童養護施設 カルテット」。そこで、15歳から過ごしてきた少女が、今年4月、無事に希望していた大学へ入学しました。

児童養護施設は、児童福祉法に定められた児童福祉施設の一つ。国の定めにより高校卒業と同時に施設を卒園し、そこからは自らの力で生活をすることとなります。

戸沢財団は、彼女が思い描く、児童相談所や児童養護施設で働くという夢をサポートしたいと考え、生活費の一部を支援することにしました。

彼女は、夢の実現に必要な資格を調べた上で、最低限持っていれば働けるという資格ではなく、出来る限り上の資格である社会福祉士を目指しています。

自分自身が幼い頃から、児童相談所や保護所、児童養護施設など、様々な方に助けられた経験から、今度は自分が助けてあげる立場になりたい。
ただ働くのではなく、その子たちそれぞれに合った環境を作ってあげたい。
と、まっすぐな思いを話してくれました。

自分の経験を活かすことができる彼女は、強いです。

子どもの気持ちを汲み取ったり、何を求めているかを考えてあげることができるから。
過去に同じ悩みを抱えていたと話してくれるだけで、子どもたちの心はすごく救われるはずだから。

上の資格を目指す以上、簡単なことではありませんが、彼女ならきっと、夢に向かってまっすぐに進んでいってくれると思います。

そして、子どもにそっと寄り添えるような社会福祉士になってくれると信じ、戸沢財団はこれからも彼女のことを応援し続けます。

『児童養護施設あいむの卒業生 大きな2つの夢』

社会福祉法人山梨樫の会が運営する「児童養護施設 あいむ」。そこで、16歳から過ごしてきた少女が、児童養護施設の職員となる夢を持ち、今春、無事に短期大学へ入学しました。

20180607_01

児童養護施設は、児童福祉法に定められた児童福祉施設の一つで、国の定めにより高校卒業と同時に施設を卒園することになっており、その後は自らの力で生活をしていかなければなりません。

戸沢財団は、彼女の夢に対するしっかりとした考え、行動力、まっすぐな思いを応援したく、生活費の一部を支援することにしました。

彼女は、幼い頃より生活環境に翻弄され、つらい時期もありましたが、今では自分の育ってきた環境を前向きに顧みることができています。

前向きになることができた大きな要因は、支え続けてくれた児童養護施設職員みなさんの存在があったからだと、彼女は言います。

今、彼女が目指すのは、他でもない「児童養護施設の職員になる」こと。

いろいろな事情で親と一緒に暮らすことのできない子どもを支えてあげたい。
いつでも喜怒哀楽を共有できるようになりたい。
でも、ただただ寄り添うだけでなく、将来自立ができるようにしてあげたい。
と熱い想いを語ってくれました。

短期間で、必要な知識や実践を学ぶことができ、たくさんの資格取得が可能な環境を自ら調べ、希望する短期大学への進学を決めました。

話を聞いていると、すでに大学で学んでいる自分の姿が想像できており、やるべきことを明確に考えることができていると感じました。

そして、その夢を叶えた時、彼女のもう1つの夢である「親孝行」に繋がっていきます。
親への感謝を伝えられる日まで、一歩一歩着実に進んでいってくれると信じています。

そんな素敵な2つの夢を叶えるため、懸命に努力を続ける彼女を、戸沢財団はこれからも応援していきます。