月別アーカイブ: 2016年11月

planeta02

プラネタリウム・ミュージカル@あいむ

山梨県甲府市にある児童養護施設「あいむ」で、心魂プロジェクトさんによるプラネタリウム・ミュージカルを主催しました。
心魂プロジェクトさんは、『難病の子ども達の元へ、生のパフォーマンスをデリバリーしたい』と願う、プロのアーティスト達が集まり、 2014 年 1 月より活動をしています。劇団四季や宝塚歌劇団などで活躍されていた方々で、現在も様々な場所で活躍の場を広げています。そんな皆さんのパフォーマンスは、熱い思いと愛情がたっぷり詰まっていて、見る人を一瞬にして魅了します。
【心魂プロジェクトのテーマソング】
https://www.youtube.com/watch?v=GeVvD6lavKo

移動式プラネタリウムの上映は、地元甲府で活動されている、「星つむぎの村」の高橋真理子さんと、跡部 浩一さんです。
【星つむぎの村 オフィシャルサイト】
http://hoshitsumugi.main.jp/web/

親を捨て、一人で生きる子供たちに、伝えたかったテーマは、「キミたちは生きているだけで、価値のある素晴らしい存在なんだよ」という想い。
会場は、あいむの隣の介護施設「ヴィレッタ甲府」をお借りし、子供たちだけでなく、車椅子のお年寄りもたくさん、いらしてくださいました。
子供たちにもできるだけ参加して欲しいと、まずはチラシ作りから。
こんな素敵なチラシが出来上がりました。
planeta01
「手づくりのチラシ」

心魂プロジェクトさんは、普段は病気で病院から出られない子供たちに、ミュージカルを届ける活動をされていますが、今回は児童養護施設の子供のために、内容を変更しての公演です。
一人ぼっちのまなちゃんが、ふとしたことから宇宙旅行にでかけます。その旅行を通じて、自分は一人ではないということに気がつくのです。
planeta02

planeta03

planeta04

planeta05

演目の最後に「ユーレイズミーアップ」を、歌い、踊ってくれたのですが、なんと「あいむ」の子供たち4人も、舞台に駆け上がり、パフォーマンスに参加してくれました。
じつは、公演の2日前に心魂プロジェクトさんが、「あいむ」を訪問して、子供たちに振付を教えてくれたのです。

プロのミュージカルスターたちと踊った「ユーレイズミーアップ」
きっと、きっと、子供たちの心に勇気を与えてくれたのではないかと思います。
当日は、山梨日報の記者が取材に来ていて、早速、翌日の新聞に掲載されていました。
心魂さんと一緒に踊った子供の、「私は生きていてもいいと思えました」というコメント。

そうだよ!
キミは一人じゃないよ!
生きているだけで価値のある、素晴らしい存在だよ!

大人になって、きっと辛いこともたくさんあるよ。
でも、今日のことをずっと覚えていて欲しい。

それが、戸沢財団からのメッセージです。

関わってくださった全ての方に、感謝します。

planeta06

ccrdm01

心魂プロジェクトの公演に同行

心魂プロジェクトが出演するヨッテクにお邪魔しました。

心魂プロジェクトとは、難病の子供たちのために、全国の病院にミュージカルを届ける活動をしているNPO法人です。
元劇団四季のメンバーが中心ですが、時間と場所が許せば、現役のパフォーマーも参加するクオリティの高さと、生命に寄り添う熱いハートが特徴です。
普段は、見られない楽屋の風景を特別に公開。
本番の間際まで、何度も練習を繰り返していました。

ccrdm01

ccrdm02

ステージは、展示会場の一角。きちんとした照明や音響効果があるわけではありませんが、彼らは演技者でありながら、全員が裏方。
その日の会場と聴衆に合わせて、自在にパフォーマンスの内容を変えるのが、心魂のプロたる所以です。

ヨッテクは、福祉の総合イベント。普段はミュージカルなど観に行けない車椅子の子供たちが、たくさん集まっています。

今日は、心魂の新作「扉」を中心とした構成になっていました。声の出ない「カエル」が、「歌って」踊っています。

ccrdm03

ccrdm04

ccrdm05

ccrdm06

「私も踊りたい!」
重い心臓病の子供。本当は病院から外出することさえ、生命の危険と隣り合わせの子供が、心魂に会いたくて来ていました。
魂と生命の交わり。

戸沢財団は、今後も心魂プロジェクトを応援していこうと考えています。